アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
KAYO'S BLOG
ブログ紹介
ピアニスト若尾佳代の、かなり不定期に更新するブログです
zoom RSS

ブログ、お引っ越しいたします。

2015/05/05 20:27
長らく更新せずにおりました、こちらのブログ、
このたびホームページを新設いたしまして、そちらの方のブログへと移行させて頂きます。

新しいブログはこちら
https://www.kayowakao-pianoschool.com/blog/


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

若尾佳代
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


若い芽のコンサート

2010/05/06 22:46
ブルグミュラー国際コンクールは、おかげさまで大盛況で、思い出に残る楽しい会となりました。
後日、改めてご紹介出来たらと思っています。


さて、来月6月19日、三鷹市芸術文化センター 風のホールで、
国内外の音楽コンクール入賞者を招いて行われる、第5回若い芽のコンサートが開かれます。

12:30開場です。13時開演です。

昨年の日本音楽コンクール入賞の方をはじめ、14人の優秀な若い音楽家が出演します。
その中で、ありがたいことに、國廣菜々さん、黒田哲平君の2人が出演させていただくことになりました。
プログラムは画像をクリックしていただいて、拡大をしていただけると、詳細がお読みになれると思います。

ピアノだけでなく、ヴァイオリンもフルートの演奏もあって、とても聴きごたえのあるプログラムです。
どうぞお誘い合わせのうえ、いらしていただければと思います。

画像


記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


DVDスーパーピアノワールド MasterPianoLessonsForYoungPianists

2010/02/13 17:05
とうとう出来上がりました!!
昨年春に撮影していた、オリヴィエ・ギャルドン氏の公開レッスンのDVDです。
その時の模様は→こちら

ようやく完成し手元に届きました。

画像



氏はロン・ティボー国際コンクールでも審査員を務められ、優勝者を育てたことでも広く知られているパリ市立高等音楽院の教授です。

もちろん撮影クルーは一流のNHKメディア・テクノロジーの方々なので当然なのですが、
画像も美しく、アングルも見やすく、あの日のレッスンがこのような形になっていて、感激しました。



ハイビジョンによる撮影で、生徒の演奏→レッスン→先生の模範演奏まで一曲づつ丁寧に収録されています。
ペダリングも良くわかるように撮影されており、本当に素晴らしいDVDになりました。

私の生徒さんの國廣菜々さん(10歳)と黒田哲平君(11歳)がその中の数曲に参加させていただいております。
他にもたくさんの小さな生徒さんが出ています。

曲はバッハのインベンションから、スカルラッティ、モーツァルト、ハイドン、グリーグ、ドビュッシー
とバラエティーに富んでいて、音楽作品としても素敵な物ばかりです。

一流の海外の先生が、音大の生徒やプロの卵を教えるというレッスンの機会やDVDは、
良くあるかと思いますが、そういった一流の先生が子供に向けたレッスンというDVDは、
あまりないのではないでしょうか?

ギャルドン先生が紳士的にヨーロッパの伝統を子供たちに教えてくださって、3枚にわたるディスクは非常に
興味深い内容となり、見応え充分です。
「小さいころから、マスタークラスの先生に習うことができたなら・・」という願いをかなえた素敵なレッスン・シリーズの第一弾です。

画像

是非ご覧になっていただければと思います。
ご興味のある方は私までお願いします☆



 ☆追記☆: 黒田哲平君は東京都教育委員会より平成21年度の被表彰者に選ばれました。
ありがとうございました。詳しくはこちら→http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr100114j.htm

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


you tubeにCMをアップしました

2010/01/27 22:13






生徒さんのお父様が作ってくださいました!すごい・・・。
どうもありがとうございました!

http://www.youtube.com/watch?v=voZdDS_EIOE&feature=player_embedded
you tubeのサイトのアクセスへは↑です。

注:開催日は2月28日です。前回アップしたチラシの日付が違っています。
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


ブルグミュラー国際コンクール??

2010/01/14 23:39
画像




これは、生徒のT君の一言から始まりました。

「家でブルグミュラーを弾いて、どう思うか家族で採点してるんだ。ブルグミュラー国際コンクールとか言って」

あまりにも、つぼにはまって、しばらく笑いが止まらなかった私は、半ば冗談で、「実際にやってみようか」
と提案しました。

それからはどんどんとアイディアが膨らみ、

@25の練習曲を早い者勝ちで選んでいき、一曲づつ披露。(全部埋まらなかったら第二回に持ち越し。)
Aブルグミュラーについて、勉強する。自分の曲は責任をもって担当する。
B投票により、好演賞を決める。ただしコンクールではない。(名前は面白いのでこのままに)
C生徒の司会進行にする。会長、理事長(??)も生徒たちで。
Dブルグミュラーを愛していれば、参加者の国籍、年齢を問わない(一応国際なので・・って私の生徒は日本人だけですが)

というわけで、私の家でやるつもりが、「わぁ面白そう!」と、
25人あっという間に集まり、ホールを借りてやることにしました。
みんなブルグミュラーそんなに好きなんだ・・・・・ってちょっとびっくりでした。

最初はこの名前に引いてしまう子もいましたが、名前はあくまでもT君が冗談でつけたものであって、
ただのオーディション(弾き合い会)という事がわかると、笑ってました。
本当にみんなかわいい!

でも結構シニカルに掘り下げると、この曲たち面白かったりもします。
意外と彼の顔写真も見たことないですよね?
ブルグミュラーにスポットライトを当てて、生徒目線で研究すると面白い。

というか私が子供のころ、こんなに嬉々としてブルグミュラーに向き合わなかったなぁ
こんなに楽しんでピアノをやってくれて、うれしい!

5歳から高校2年まで参加します。まったくの未知の世界ですが、
すごく楽しみです。
上のチラシは会場名は伏せてありますが、お聞きになりたい方は直接私にご連絡ください。
席に限りがありますので、万が一満席の場合はお許しくださいませ。

注;開催日は2月28日の間違いです
記事へ面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


2009年のあれこれ

2009/12/29 13:57
早いもので、2009年もう終わろうとしています。
本当にバタバタと忙しい一年でした。

でも病気も怪我もせず、健康で過ごせた事に感謝したいと思います。

生徒さんの、6月から始まったコンクールも11月末までかかりようやく終了。
長かった・・・

みんな、とても良く頑張って、それぞれに素晴らしい成長をしてくれました!

良い結果は、神様からご褒美をもらえただけで、たとえ形として残らなくとも、勉強できればいいと思って欲しいと
考えているので、頑張った全員に私は大満足しています。


その中でも今年とても大きなご褒美をもらったのは・・・・
全日本学生コンクールのピアノ部門小学生の部で、黒田哲平君が全国大会第2位に輝きました。

これまでの積んできたレッスンやいろいろな出来事が思い出されて、さすがに本番は涙なしには聴けませんでした。
色々な方にご声援をいただきました。本当にありがとうございました。

そのコンクールの模様は12月30日12:15〜ラジオNHK FM、および2010年1月9日 14:00〜15:30 テレビBS11にて放送されます。

これからますます音楽大好きな人になってほしいです。


最近私の方では、11月12月と、本岩孝之さんとのコンサートがあり、いつもながら、楽しく弾かせていただきました。
いらして下さった皆さんありがとうございました。
画像
本岩さんと。



今年は、私にとってキラキラと宝物の様な日々が詰まった一年でした。
来年ももっともっとたくさんの、素敵な事に出会い、自分自身成長していきたいと思っています。


新年明けると、1/24には門下生の発表会があります。今はその準備に追われていますが、
今回はピアノを2台借りて、コンチェルトにも挑戦したり、2台ピアノの曲があったり、内容は盛りだくさんです!

ホールの方にも、「この曲のときだけ、是非、ピアノの配置を変えましょう」と
提案してもらったりして、いつになく、華やかな会になりそうで、私も楽しみ!


皆様にとって2010年が素晴らしい年になりますように
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


勉強してました

2009/10/31 23:15
この2週間、ほとんど毎日、恩師ブルーノリグット先生の公開レッスンを聴講しておりました。

彼のレッスンの特徴はとにかく「他と違う」こと。
とにかく楽しい。そしてカラフルでイマジネーション豊かな表現を、
生徒たちに魔法をかけるように、一生懸命レッスンしてくださるんです。

時々彼のキャリーバックから飛び出す、さまざまなグッズは、一生懸命にイメージを伝えようとしての必需品なのですが、フランスから持ってきたんだと思うと、ちょっとおかしいけど、すごいパッションだなぁって思います。


今、私が教える立場にある事を思って、「教えるときこれが役立つよ。」とアドヴァイスもくださって、感激です!


11/1は表参道カワイで、11/2と11/3は東音ホールでも聴講できるみたいです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


PTNA

2009/08/19 13:50
本年度も昨年に続いて、PTNA(全日本ピアノ指導者協会)より、指導者賞を頂く事に決まりました。

これもひとえに、私を支えてくださる皆様のおかげです。どうもありがとうございました。

自分に出来ること、でも自分にしか出来ないことを、精いっぱいやっていきたいと
思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


9月のコンサートのお知らせです。

2009/08/18 23:52
画像


楽しんでいただけるよう、頑張ります。

レーシックは無事終了しました。手術はほんの数十秒なのです。
その日はちょっと痛くて凹んでましたが、数時間で治り、
視力も1.5まで出てびっくり。
でも長年の癖で、夜寝る前、コンタクトをはずそうとしてしまいます

ちょうど、手術のころ、レーシックについて色々とニュースが入ってきて、心配してくれた生徒さん。大丈夫です。ありがとう!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


怖い・・・

2009/08/02 21:34
もう8月になってしまいました。

今はコンクールの真っ最中。何人もの生徒さんが、頑張っている最中です。
昨日はホールで練習をしました。

自然と、ピリピリとした雰囲気になってしまう中、盛り上げてくれるムードメーカーの男の子がいて助かりました。おかげで楽しく終了。

小さい子も、自ら努力してる子ばかり。いい生徒さんに囲まれて私は幸せ者だわ〜。とつくづく思いました。

みんなあと少し、頑張れ!


私は、今日はレーシックの検査を受けに行ってまいりました。
無事、受けられることがわかり、明日が手術です。

怖くて怖くてずっと受けれなかったのですが、今回思い切ってやることにしました。
大丈夫とわかっていても、こわい・・。

9月のコンサートは、コンタクトなしで弾けるのかと思うと、楽しみですが。

ずっとハードコンタクト使用だったのですが、本番中にずれたらどうすんの?
という心配もなくなるのですよね。

あぁ無事にいきますように。




記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


クラシック音楽講座終了

2009/06/15 23:18
今日は府中の生涯学習センターというところで、
ヴァイオリニストの森田昌弘さんの伴奏をして来ました。

250人くらいのホールなのですが、ほぼ満席で、皆さん森田君のお話を熱心にメモなさったりして、
2時間にわたる講演を一生懸命聞いてらっしゃいました。


オーケストラ団員の日常とか、興味深いお話も沢山の楽しい講座でした。

彼とは、18歳の時からのお友達なので、武勇伝(?)の数々は聞いていたつもりだけれど、
まだあるの?という話も出てきて、
私も楽しく聞き入ってしまいました。

演奏は小品ばかりでしたが、終始なごやかなムードで弾く事が出来ました。
温かいお言葉をかけていただいたりして、嬉しかったです。

府中の皆さん、どうもありがとうございました。

次は9/13に歌手の本岩孝之さんとコンサートがあります。
すごい曲数なので、頑張ります
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


クラシック音楽講座

2009/05/30 23:45
先日お知らせしましたコンサートの詳細です。

2009年6月15日府中市生涯学習センター講堂において、N響のヴァイオリニスト森田昌弘さんと演奏します。

14時から16時までですが、コンサートと言うよりは、クラシック音楽全般について、森田君がわかりやすく
講義する。といった内容です。
普段、とっても楽しい人なので、きっと楽しい講座になることでしょう!

演奏予定曲目、クライスラー:愛の喜び、愛の悲しみ、etc.

問合せ
府中市生涯学習センター 学習事業係
〒183-0001 府中市浅間町1丁目7番地
電話:042-336-5708
ファックス:042-336-5709

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


来月

2009/05/02 21:44
6月15日、大学の同級生で、N響ヴァイオリン奏者の森田昌弘さんの伴奏をする予定です。
大学時代からの仲良しです。

詳細が決まったらまたお知らせします。

平日のお昼間ですが、お時間あったらぜひいらしてくださいね。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


撮影風景

2009/04/12 14:53
4月某日

パリ市立音楽院教授のオリヴィエ・ギャルドン氏を講師にお迎えして、
ピアノレッスンの公開録画の撮影がありました。

10名の小中学生がレッスンを受けて、輝いていく様が撮影され、
DVDとして今後発売される予定です。

詳細が決まり次第、こちらにてお知らせいたします。

とにかく、何台ものカメラや、ギャラリーが注目している中で、演奏し、先生の言わんとしていることを察知し、
通訳を通して理解し、すぐさま直し・・・。
それはそれは、大変な労力と能力が要求される事だと思いました。

「さぁ、弾いてください。五秒前・・・4,3,2,1」
 シーン

ちゃんと弾き出してくれるか、心配でしたが、意外とそれらしく決まり、
無事始まりました。

撮り直し無しですので、通しの演奏は、かなり緊張感ただよう雰囲気。
そして弾き終わると、そのままレッスンに突入。
息つく暇もなく、全身を耳にして、ギャルドン先生のおっしゃることに、注意を傾ける・・
あたかもフランス語が分かってるかのような、真剣な顔で、先生の顔を見つめる生徒たち。



画像




でも意外と平気そうな子供たち・・・。
あれだけの緊張感の中で「楽しかった」と言ってくれた、我が生徒2人・・・

大人はあっけにとられました。

いろんなアクシデントもありましたが、子供たちにとって、
一生の記念になる、大変、有意義な経験になったことでしょう。
こんな素敵な経験滅多にできないものね。


あとは、DVDの仕上がりが楽しみです。

ラストは今年の桜ですとてもきれいでした。井の頭公園です。
画像


記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


盲学校

2009/03/25 00:37
昨年秋に、歌手の本岩孝之さんと、コンサートを八王子いちょうホールでさせていただき、その入場料を
八王子の盲学校へ寄付させていただきました。

沢山の方にご来場いただきましたこと、心より感謝申し上げます。

本岩さんが、その盲学校の卒業式に出席なさり、校長先生から
表彰状を授与されたと、嬉しいご連絡をいただきました。
なんかすごい立派です
画像


皆さん、ご卒業おめでとうございます
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


CD

2009/03/09 20:01
まだまだ寒い日が続きますが、春はもうすぐですね。
奇跡的に今年の冬は風邪も引かずに、乗り切りました。
おそらく、生涯初かもしれません。
イソ○ン、手洗いのおかげ??

なんだかんだ、あっという間に時が過ぎます。
休日のはっきりとしない私としては、ONとOFFがつけられないことで
イマイチ気分的に休んだ感もなく・・。


最近よく、音楽をなさっていない方に「リラックス時には何を聞いていますか?」と
質問されることが立て続けにあったので、考えてみました。

まったく音楽と無縁の方にとっては、クラッシック=ヒーリング、リラックスとなっちゃうようです。
(かなり攻撃的な曲も多々存在するんだけど???)

ですが、少なくとも私の周りでは、たとえば、ドライブに行くときのBGMは「クラッシック抜きで」
が暗黙の了解です。
あえて軽めのポップスとか流して、全く耳が「勉強」をしないようにしています。

意識して考えてみると、リラックスタイムには全く音楽なしか、ジャンルの違うものを流すような習性がある気がします。


クラシックを聴くときは、勉強になっているのは不幸なことかも??と思いましたが、
勉強する事は決して不幸なことじゃないし。と気を取り直して、、

最近の感動したCDは→こちら

特に今まで興味あるピアニストではなかったのですが、
以前、才能あふれるヴァイオリニストのお友達が、プレトニョフ本人に会った印象を、「彼は天才!」。と話してくれたのを急に思い出して聴いてみました。

カーネギーホールのライブ録音なのですが、こんな演奏会に居合わせた人は、本当に幸せだよ〜と思いました。

ジャケット写真はこれです。
画像

こういう類の演奏は賛否両論あるかも知れませんが〜。

すごく考えつくされていて、多少不自然な感じは否めないのですが、
ここまで考えるのも逆にすごい!と思わせる演奏です。



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


一月のあれこれ

2009/01/31 23:24
年が明けたと思ったら、もう一年の12分の1が過ぎてしまいました・・・。

今月は2つの発表会があり、大忙しでした。

1/18には、7回目を迎える、生徒さん達の発表会がありました。
ご父兄の皆様の温かいご協力で、今年も無事に終える事が出来まして、心より感謝いたします。

生徒の皆さんは、本当に真剣に取り組んで、聴きにいらしてくださった方に、
コンサートのようだったと、御声を頂戴いたしました。

今年は、長めの曲だったり、エチュードを一曲目にしてみたり、
生徒の皆さんには、ちょっとチャレンジをしてもらいました。
なので、かなり長時間にわたる発表会となりました。

にもかかわらず、出演者のご家族以外の方も、大勢聴きに来てくださって、大盛況でした。
毎年楽しみにしてくださる人もいらっしゃって、本当にありがたいことです。


また1/24には、大人の生徒さん達の発表会がありました。
その時の模様を、生徒さんが詳しく書いていらっしゃいます→こちら
とにかく初めての試みだったので、てんてこまいでしたが、
当日は想像以上に盛り上がって、良かったと思います。

両方の発表会に、沢山の方にご来場いただいて、心より感謝申し上げます。
また次回も、是非聞きにいらしてください。


話は変わりますが、今年は、小学校の卒業○○周年にあたります。
今月、卒業して以来の同窓会があり、久しぶりに集まりました。

私のいた小学校は、小6までは男女共学ですが、
中学になると女子はそのまま残り、男子は別の場所へと別れていきます。
なので、女子とは中学3年以来、(本来、中高一貫なのですが、私は音楽高校へ
行くため、途中で出てしまいました)男子は、小6以来ぶり、という人もいました。

もしも街で会ったとしても、それが同級生だとは
たぶん分からない感じです。
私も、全然わからない・・・と言われたんですが、そうでしょうか。。

でも不思議と小学生時代を知っていると、その子の本質を知っている気分になって、
いくら年月を経ても、同じ気持ちで話せる気がしました。


あんなにヤンチャだったのに、立派な大人になって・・・。と感動したり。
先生もお元気でいらして、本当にうれしかったです。
とても幸せな時間を過ごしました。

当時の記憶力ってすごくって、
「合宿の時にこんなことがあった」とか「あの時、こう言ってたよ」とか
不思議と覚えているんですよね。
校歌なんかも、誰かが口ずさむと、覚えてるもんで、どんどん出てきちゃう。
今はちょっとした事も、なかなか覚えられないのに・・・。

とても楽しい事の多い、一年のスタート月でした

そういえば、今年の初詣でひいたおみくじは、末吉だったけど
いい事がいっぱい書いてあったので、Happyなことが沢山あるといいな〜

記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0


今年もお世話になりました。

2008/12/30 12:52
今年も残すところわずかになりましたね。

昨日でこなすべき事が終ったので、一年を振り返って、皆様にお礼を申し上げたいと思います。

特に12月は、目の前にあるこなす事を追っていたらあっという間に時間が過ぎてしまったけど、
日々、綺麗なもの、音、それを追求する人たちに囲まれて、たくさん感動したり、
勉強したりの毎日でした。

かわいくて素直な生徒の皆さん、素敵な共演者の皆さん、良い先輩、大事な友人たちに、
成長させてもらい、また助けられて
今年も楽しく充実した一年を過ごすことができました

本当にどうもありがとうございました。
来年も元気に、自分の出来ることを精一杯、頑張りたいと思います。

皆様もどうぞよいお年をお迎えくださいませ!


追記:大掃除してる方へ〜

ピアノの鍵盤の蓋を開けると、YAMA○Aとかメーカーのマークが金色で入っていますよね。

そこがだんだんとくすんで、金色じゃなくなって来ると、一気に古めかしく見えますが、
そんな時にはこれをつけて磨くと、その部分がピカピカ新品みたいになります♪

ペダルもくすんできたら、これで磨くと光り輝きます。

是非、お試しを〜。地味に役立ちます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2008年12月8日

2008/12/08 22:24
今日は、代々木上原のけやきホール(古賀政男音楽博物館内)にて
坪野春枝先生のコンサートの中で本岩孝之さんが歌うので、伴奏をしてきました。
画像

けやきホールです。反応の良いベーゼンドルファーでした。

坪野先生は童謡などを編曲なさったりしていて、私にもその楽譜をサイン入りでプレゼントしてくださいました!
ありがとうございました
画像

左から本岩さんのお姉さんと、坪野先生、本岩さん、私です。

今日集まった合唱の皆さんは、本当に歌うことを心から楽しんでいらして、私の出番が終わっってから、客席で聴かせていただいたのですが、思わず自然と笑みがこぼれてしまうほどでした。
とても楽しい一日でした
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブラレイさん

2008/12/05 22:39
音楽的な催し物が、たっくさんあるこのシーズン
コンサートを聴きに行ったり、自分も弾かせていただいたり。
たくさんの刺激を受けております


マスタークラスも何度か聴くチャンスがありました。

11月にはフランス人のピアニスト、フランク・ブラレイ氏のマスタークラスがありました。
今回は幸運にも、私の生徒さんもレッスンして頂く事となり、
本当にうれしく思いました。

まず、そのフレンドリーなお人柄に魅了されました。

私がフランスでレッスンを受けた、ブルーノリグット先生とちょっと似てる
教え方だったので、なんだか懐かしかった・・・

型にとらわれず、音を追求していかれるブラレイ先生の姿勢に、とても感銘を受けました。

留学したての頃リグット先生に、バッハにも「もっとfantaisie!」と要求されて、びっくり戸惑いながらも、
自由に音楽を歌える喜びを、身をもって知ることが出来たきっかけになった事があります。

それをふっと思い出しました。
きっと今回レッスンを受けられた方は、そんな気持ちになれた事と思います。

私にも、忘れてはいけない事を思い出させてくれた
大事な一日になりました。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

KAYO'S BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる